銀行カードローンを使う前に知っておくべき3つのこと

銀行カードローンABCRA78
  1. >
  2. 安易なキャッシングの怖さ

安易なキャッシングの怖さ

ちょっとお金が足りない。

そんな時に非常に便利なキャッシングやカードローン。クレジットカードを持っている人ならほぼ誰でもすぐにキャッシングが利用できる。

当然、キャッシングには利息が発生するのであるが、利用する際にはそこまで気にしないのが実際である。

私もお金が足りない時にはキャッシングを利用していたが、カードの引き落とし日がやってきたときに初めて、返済という現実に直面することが多い。

そしてまた足りない分はキャッシングで補う。

最終的には、キャッシングの利用限度がいっぱいになって初めて、それ以上キャッシングできなくなり返済に困るのである。

そもそもお金が足りなくなった時点で気づかねばならないのであるが、安易にキャッシングで補い始めるとその感覚も麻痺してしまいがちである。

返す以上に使ってはいけない。

そうしない限り、いつか必ず進退窮まる時がやってくる。

カードローン初心者

どうしても欲しい靴があり、値段は1万円そこそこだったかと思うが、当時お金がなかったこともあってカードローンを利用してインターネットで購入。恥ずかしながら分割で月々1000円弱の支払いで10回前後に分けて返済していた頃があった。

今思い返すと、月々の負担は大したことはなかったが、給与振込み用口座からの引き落としではなく、返済用口座からの引き落としだったため、その都度返済用の口座に現金を預け入れしなければならなかったし、利息が高くつくので、正直なところ、賢い買い物の仕方だったかどうかは疑問が残るところである。

お金を借りると言う事の重大性

キャッシングはインターネットで24時間いつでも借り入れの手続きが出来き、手続きの時間帯によっては即時に登録している口座に振り込んでくれるのが、とても便利。

お金を借りる新規申し込みもインターネットで出来るので、お金を借りると言う事を軽く考えてしまいがちになりそうで怖い面もある。

臨時に急な出費がある場合とても便利だが、ついつい自分の口座にお金がある感覚に陥り、キャッシングを繰り返してしまう危険性がある。

審査が通るのが決定な場合のみだけ、カード会社から限度額増額の案内をして欲しいが、あまり限度額は高くしたくないと思う。

借りたら返す 返すなら早めに

以前どうしても手持ちのお金では足りないことが状態になったことがあり何社からかキャッシングローンを利用したことがあります。どの信販会社でも金利の幅がありますが初めての利用では必ず1番大きな数字になります。なので、思った以上に利息がかかってしまい、毎月返せているようで実は利息しか返せていない状態がしばらく続きます。なのですぐに返せるない場合に利用してしまうとなかなか返せずトータルでかなり支払わなければならない状況になりかなり損することに。借りた場合には早め早めに繰り上げ返済をしていくことが大切です。

キャッシングの良い面と悪い面

キャッシングは助かる面とともに、とても危険な面も持っていると思います。

いざという時には本当に助かりますが、あまりにも簡単にお金をおろすことが出来てしまうので、返済する事についての考えが足りない場合や返済が不可能な状態の場合にはとても危険なものとなるでしょう。

返済の計画を全くせず限界まで引き出してしまい、返済が難しい状態に陥らないよう、常に返済が同時についてくる事を考えるのを忘れてはならないと思います。

返済についてきちんと計画性を持って、返済する自信がある状態で引き出す分には、とても便利で助かるシステムだと思います。

キャッシングとカードローンの違い

クレジットカードのキャッシングとカードローンも同じATMで現金を引き出す点では一緒の借りかたですが、返済方法が違います。

締めがあって請求日に返済しますが、キャッシングは利息含めた一括返済。

カードローンは返済開始日なので、月々定額の分割+利息を支払うことになります。

今の法律ですと利息のパーセントはほとんど同じ会社が多いですが、元金に対しての利息なので総合的に支払う金額はカードローンのほうが高いです。

以前は20パーセントを超える金利でしたが、現在の法定金利は変わり、前に遡った金額を取り戻そうとする動きが法的整理です。

↑ PAGE TOP