銀行カードローンを使う前に知っておくべき3つのこと

銀行カードローンABCRA78
  1. >
  2. 全国自分で請求することのメリット調査委員会DW

全国自分で請求することのメリット調査委員会DW

貸金業者相手に過払い請求を起こすことなんて素人には無理だと思って、弁護士や司法書士に頼む方もいらっしゃるでしょう。

過払い請求の方法を熟知しているんですから任せたほうが安心だと思いますよね。

しかし、弁護士や司法書士に依頼すると当然のことですがお金がかかります。

過払い請求が上手くいっても、いかなかったとしても着手金は支払う必要があります。

そして、依頼案件が成功したときには成功報酬を支払います。

その他に、切手代などの必要経費がかかります。

自分ですると、過払いにかかるお金は切手代などの実費だけで済みます。

自分で請求することのデメリットオンデマンドFU74

過払い請求を行うには、まず貸金業者から取引履歴を入手し、支払い状況や利息の確認をします。

次に、過払いの利息がいくらかを出し、貸金業者に過払い金の請求を行います。

そして貸金業者と交渉が始まります。

これだけのことを自分で行おうとしたら、かなりの時間や労力が必要になるでしょう。

貸金業者から交渉の過程で自宅に書類が郵送されると、家族にお金を借りていることがばれてしまう恐れもあります。

また、交渉に長けた貸金業者なら、本来の過払い利息より少ない金額での決着を図ろうとするかもしれません。

無料相談を利用するという手がある利用者の口コミ集HR

過払い請求は自分でも行うことは可能ですが、貸金業者との交渉になると不安にかられますよね。

手続きに必要な書類を揃え、正しい利息を計算するなど荷が重いと思われるなら無料相談を利用してみてはどうでしょう。

過払い請求の無料相談は弁護士や司法書士の事務所、法テラスで行われています。

また、ネットでも無料相談を受け付けている弁護士事務所もあります。

大手の弁護士事務所や司法書士事務所で、過払い請求の解決件数が多いところで無料相談をしてもらうのもいいかもしれませんね。

学生時代に体験した借金の思い出!

学生時代、あることで借金をし生活費にも困るようになったため、消費者金融からキャッシングしたことがあります。通常の銀行などの利率に比べるとかなり年率が高いのですが、当時は非常にお金に困っていたため、仕方なく借りることとなりました。数百万借りたため、当然、利息と元本の返済が大変であり、当時していたアルバイト代のほとんどを返済にまわすことになりました。

そのため、学生時代の思い出といえば、借金を返すため必死でアルバイトをしていたという思い出しかありません。

このことの教訓として、借りるときは簡単だが返すことをちゃんと念頭に入れてかりないと、後々大変なことになるということを学びました。

気軽なキャッシングには注意

まだ二十代だった頃に一時期、無職だった時があり、生活費のためにカードローンを利用した事があります。最初に借りる時は本当に怖々でしたが、最近はネットで簡単に申し込めてしまうという気軽さもあり、慣れてしまうものですね。現在は完済しましたが、ほんの数万円と借りる時は思っていても、いつの間にか10万、20万と積み重なり、いつの間にか50万以上になっていて、返済にはそれなりの期間が必要でした。利子がプラスされるという事が借りる時には頭にないものですね。それ以降、キャッシングは一度もしていません。今後も二度としないぞと心に誓っています。

お金に縛られない生活

キャッシングやカードローンにはあまりいいイメージがないです。自家用車や家のローンと言う長期的のものならまだしも、日常的にさまざまな所からお金を借りるというのには抵抗があります。身の丈にあった生活をし、きちんとしたお金の価値観を持っていないと自由にお金を借りれるというのは逆に返済するのに縛られる事になるのでそのような生活をしたいとは思いません。ローンには利子もつくのでそれを払うのももったいないと感じるので、自分としては買い物する際には一括払いができる範囲内の金額でしか買い物はしない様に心がけてています。

↑ PAGE TOP